飲む日焼け止め『ヘリオケア』は3種類

飲む日焼け止め『ヘリオケア』にはいくつか種類がありますのでご紹介致します。 - ヘリオケアのメリットデメリットをまとめてみた

アーカイブ

ヘリオケアのメリットデメリットをまとめてみた

年々日差しが強くなっていくように感じる現代。
それと同時に当然肌を壊す紫外線も強くなっています。
それでもなかなか毎日いつでも日焼け止めを肌に塗って生活するのは難しいです。
そこで登場したのが飲む日焼け止めヘリオケア。
世界中で愛されているヘリオケアには日本でも絶大な人気を誇っています。
ではその飲む日焼け止めヘリオケアにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

 まず頭に浮かぶメリットはカプセルで外出先でも手軽に飲めるので継続する事が出来る所です。
外で日陰に入って時間を使いながら肌に塗りたくるのではなくて、口にカプセルを入れて飲むだけ。
それで効果を得られます。
次にピンポイントで効果が出る事です。様々な日焼け防止や美肌グッツが多い中殆どが継続性が必要となります。
ですが、ヘリオケアは飲んだその日から効果を感じる事が出来ます。
そして日焼け止めクリームを塗る事に抵抗がある男性にも使いやすいです。
男性だとなかなか肌にクリームを塗って、ほのかに白い肌でいる事は気恥ずかしい人も多いと思います。
ですが飲む日焼け止めならそんな心配はありません。
そしてプールの場合です。公衆プールの場合の殆どが日焼け止めクリームを塗る事が禁止されています。
更に学校でも禁止されている事が多く、学校側と生徒側でひと悶着あったぐらいです。
なので水に濡れても流れていかない飲む日焼け止めならどんなプールでも安心して使えます。
もしかしたら一番のメリットかもしれないのが肌が弱い人です。SPFという日焼け止めの効果が高いと肌にダメージが来てしまう人は、
効果の薄い日焼け止めしか塗る事が出来ず難しかったですが、体内に入れる日焼け止めなら問題なく使えますね。

デメリット

 ヘリオケアはカプセル状のサプリです。なので少しサイズがあって、お年寄りや薬を飲むのが苦手な方には少し飲み辛さがあります。 
なのでそう言った方には薬を飲む時のゼリーなどが必要になってしまう事があります。
あとは効果が出ている様子が目に見えないので、服用のタイミングがつかみ辛い事です。
塗る日焼け止めなら何となく肌に残っている事を感じられますが、飲んでしまうと良くわからないので時間でしか効果の管理が出来ません。
そして一番気になる費用対効果です。つまり値段ですね。
どうしても塗る日焼け止めよりも高価になってしまいます。ヘリオケアオーラルウルトラDの場合30錠入っていて\6000〜7000程度です。
医療機関や通販サイトによって価格は大きく変わってきますが、塗る日焼け止めと比べると圧倒的に違います。
塗る日焼け止めは安い物は\100程度で買えてしまいますから。

両方使う必要があるのが一番のデメリット?

 ヘリオケアは間違いなく高い効果のある日焼け止めですが、実は最も効果を出す為には塗る日焼け止めと併用する事です。
これを考えるとこの部分が最大のデメリットかもしれません。
ただ塗るほうでもそれは同じ事が言えるのでデメリットとも言い切れませんが。
併用する方は是非下記のサイトで検討して見てください。上手い使い方も解説してくれていますよ。
アイサプリマートhttp://www.isupplemt.com/woman/bihaku/heliocare_spr.html

関連する記事

次の記事: を読む ≫