飲む日焼け止め『ヘリオケア』は3種類

飲む日焼け止め『ヘリオケア』にはいくつか種類がありますのでご紹介致します。 - ヘリオケアは国内の飲む日焼け止めに勝るのか?

アーカイブ

ヘリオケアは国内の飲む日焼け止めに勝るのか?

飲む日焼け止めとして有名なヘリオケアはすでに日本でも多くの人に愛されています。
その飲む日焼け止めとして効果は高く、それを見た日本の企業も続々その開発に乗り出しました。
そしてその完成形を得た企業はすでに販売をしています。
海外の飲む日焼け止めと国内の日焼け止め、一体どのような違いがあるのでしょうか。

日焼けを防ぐ成分が違う

 まず国内で販売されている飲む日焼け止めはP.O.L.C、雪肌ドロップ、ホワイトヴェール等です。
それぞれの成分表を見てみると、メインの成分としては共通してシトラス果実成分とローズマリーの葉の抽出成分を特殊配合したエキス「ニュートロックスサン」です。
それに対して海外の飲む日焼け止めヘリオケアはシダ植物から取り出した成分「ファーンブロック」という成分が重要です。
両方とも植物由来の成分で、身体への影響が少ない事が分かります。
「ニュートロックスサン」は日焼けが起きると発生する活性酵素を抑える事で、肌を紫外線への抵抗力をつけてくれます。さらに日焼けで起きる炎症防いでくれますので、
メラニン色素など肌に害のある成分を抑制する事が可能です。
「ニュートロックスサン」は日焼けを防ぐだけではなくて、日焼けをしてしまった肌を改善する効果があるという報告があります。
「ファーンブロック」は肌が日光を浴びると起きる酸化反応を抑える効果があります。酸化によって起きる炎症と、メラニン色素の発生を抑制し肌を守ります。
更に肌をブロックしてくれているランゲルハンス細胞が日光で死滅するのを防ぎ、アンチエイジング効果を生んでくれます。

購入方法が違う

 最も違う点としてはこの点かもしれません。国内で作られているものは当然非常に手に入り易いです。
特に成分は植物性由来であれば医薬品にならないので、一般的な量販店で簡単に手に入りますし、
関税がかかる輸入品と比べ、価格もかなり安いです。なのでメーカーや製品ごとで多少違うものかなり\4000前後〜と安価です。
ヘリオケアの場合は店頭で売ってる姿を見かける事は今の所無いですね。一部のクリニックかネット通販でしか手に入りません。
しかも価格が高く、\6000前後〜となっています。それぞれ定期購入という形で割引は受けれますが、それでも\2000の差は大きいです。

国内派?輸入派?

 値段と購入しやすさで言えば圧倒的に国内製品に軍配が上がります。
ですが、実績とその効果で言えばヘリオケアに軍配が上がります。最後に決めるのは相性という形になります。
なのでまずは試してみる事が一番かもしれません。
試してみる時に購入先でお勧めしたいのは下記のサイトです。とても使いやすいので是非チェックしてみてくださいね。
アイサプリマートhttp://www.isupplemt.com/woman/bihaku/heliocare_spr.html

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む